Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1960年代の職業訓練受講者指導要録が一部所在不明 - JEED

高齢・障害・求職者雇用支援機構(JEED)は、職業訓練受講者の個人情報含む一部指導要録が所在不明となっていることを明らかにした。

同機構によれば、愛媛支部の愛媛職業能力開発促進センターにおいて、1961年度から1969年度までの訓練生指導要録の所在がわからなくなっているもの。

指導要録には、受講者の氏名や住所、生年月日、学歴、家族構成、学科成績、出欠状況、修了試験の結果、就職状況などが記載されていた。

同センターが5月から6月にかけて文書ファイル管理簿の更新作業を行ったところ、所定の場所に保管されていないことが判明。センター内を探索したが発見できなかった。

紛失した指導要録の保存期間は30年と定められており、すでに経過しているが、本来の手続きを経ないで保存期間が満了した他文書と一緒に誤って廃棄した可能性があるという。

(Security NEXT - 2018/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

行政文書を紛失、誤廃棄の可能性も - 公取委
定期預金の印鑑届を紛失、誤って廃棄か - 北越銀
800件の口振ハガキ、圧着不十分で中身見える状態に - 廃棄物処理事業者
秘書検定の答案が所在不明、再試験を実施 - 実務技能検定協会
国保給付申請書1.3万件を紛失 - 神戸市
印影など含む振替払出書などを紛失 - ゆうちょ銀
2支店で伝票約1万4000件を紛失 - きのくに信金
医療センターの問診票が運搬中に飛散 - 春日部市
償還予定表など顧客情報含む書類が所在不明に - 住宅金融支援機構
市立幼稚園で園児の指導要録を誤廃棄 - 宇陀市