Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GMOペパボ、情報セキュリティ事業を行う新会社を福岡に設立

GMOペパボは、福岡県に情報セキュリティ関連事業を展開する新会社GMOペパボガーディアンを設立する。

同社は、情報セキュリティに特化した事業会社で、セキュリティに関連したサービスやアプリケーションの開発、販売、研修やセミナー事業などに取り組む。

具体的には、コンシューマー向けのセキュリティサービスとして、ID管理などを支援するアプリを提供。

法人向けには、GMOペパボがサーバやウェブアプリケーションで実施してきたセキュリティ対策をサービス化。セキュリティ対策を支援するソリューションとして展開する予定。

(Security NEXT - 2018/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
「日ASEANサイバーセキュリティ能力構築センター」をタイに設立 - 各国関係者が「CYDER」受講
製品の脆弱性対応を行う「PSIRT」フレームワークに日本語版
「Software ISAC」を8月に設立 - 情報共有やPSIRT設置支援など展開
CSAJ、データ適正消去実行証明協議会を設立 - データ消去の基準を策定
日本CISO協会、新代表理事にぴあCISOの上村達也氏
KDDIとラック、セキュリティソリューション扱う合弁会社を設立
JUIDA、ドローンを活用した物流の安全運用に向けたガイドライン案を公開
詐欺サイトの通報窓口を開設 - セーファーインターネット協会
東京都、ガイドブック「中小企業向けサイバーセキュリティ対策の極意」を配布