Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公金納付書控2439件が所在不明 - 北日本銀

北日本銀行は、顧客情報が記載された公金納付書の控えを紛失したことを明らかにした。

同行大船渡支店において、2014年4月1日から2017年5月31日にかけて取り扱った岩手県公金納付書の金融機関控えが所在不明となっているもの。

6月に同支店で書類の保管状況を確認したところ、紛失していることが判明した。納付書には、氏名や住所、納付金額など2439件の顧客情報が含まれる。

保存期間を十分確認せず、他不要書類と一緒に廃棄した可能性があると同行では説明。納付手続きそのものには影響ないとしており、関連する問い合わせなども寄せられていないという。

(Security NEXT - 2018/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

課外講座の受講者など個人情報含むUSBメモリ紛失 - 近畿大
顧客情報記載の資料を紛失 - 愛媛県の郵便局
個人情報含む工事図面を路上に置き忘れ - 大阪市
行政文書を紛失、誤廃棄の可能性も - 公取委
チケットの払込票控えが所在不明 - イベント制作会社
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 北海道情報大
関係者個人情報含む業務用携帯電話を紛失 - 国交省
年金未納者情報含むDVDを事務センター内で紛失 - 年金機構
定期預金の印鑑届を紛失、誤って廃棄か - 北越銀
個人情報含む申請書類が所在不明 - 名古屋市