Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

広告機能のみのアプリが「Google Play」で流通 - 紹介ページにある魅力的な機能はデタラメ

20180823_sy_001.jpg
SIMロックが解除できるなどとだます「Sim Unlocker」(画像:Symantec)

「Google Play」において、紹介文にある機能をまったく実装しておらず、広告表示させることのみを目的としたアプリが出回っている。

アプリを発見したSymantecによると、説明文では実際に備えていない機能で興味を引き、実態は広告表示させるだけを目的としたアプリが、複数の開発者より公開されていたという。

「EpicOmegaApps」なる開発者が提供していたアプリ「Sim Unlocker」は、「SIMカード」のロックを解除でき、全ネットワーク事業者のSIMが使えるなどと主張。

スマートフォンをワイヤレスマウスとして利用できるなどとうたう「Remote Mouse Pro」なるアプリも公開していたが、いずれも説明はでたらめ。インストールすると広告が執拗に表示されるという。

「PINWHEEL」を名乗る開発元より公開されていたのも、広告を表示するだけの機能しか持たないアプリで40件にのぼる。一部は、人気ゲームや映画タイトルに便乗した名称で、興味を引こうとしていた。

広告表示以外の機能をわずかに備えるものの、説明文にある機能は実装されておらず、広告表示を目的としたアプリは、「Zaybra」や「Simple Designs」「AppTchi」といった開発者から提供されていた。

同社ではこれらのアプリについてGoogleに報告。一部は削除されたが、引き続きGoogle Playで公開されているアプリもあると指摘。注意を求めている。

(Security NEXT - 2018/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WhatsApp」だけではない、Android向けGIF処理ライブラリの脆弱性に注意
Android版「Outlook」に定例外セキュリティ更新
不正決済機能を備えた「カメラアプリ」がGoogle Playに
カードゲーム「セキュ狼」がスマホアプリに - JNSAと学生が共同開発
未起動時にも広告全面表示するアプリ、Google Play上に111件 - すでに削除済み
Android向け「Outlook」にXSS攻撃が可能となる脆弱性
不正モバイルアプリ、1Qは減少 - ただし不正送金アプリは増加傾向
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
宅配便不在通知を偽装したSMS、7月中旬より相談急増