Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

組織内部に潜伏する脅威を可視化するサービス - 日商エレ

日商エレクトロニクスは、組織の内部ネットワークにおけるトラフィックを分析し、システム内に潜む脅威を調査するサービスを提供開始した。

今回サービスを開始した「潜伏脅威診断サービス」は、同社が取り扱うVectra Networksの「Xシリーズ」を活用し、システム内におけるサイバー攻撃の脅威を可視化するサービス。

内部ネットワークのトラフィックを一定期間モニタリングして、疑わしい振る舞いや、危険なホストを検知。監視結果を分析し、対策の提案を含めた診断レポートを提供する。クライアントにエージェントを導入することなく、調査を行うことが可能。

料金は1回あたり81万円から。同社では、2018年度に20件、2020年度に50件の導入を目指し、サービスを展開していく。

(Security NEXT - 2018/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
ソフトクリエイト、ID管理ツール「LDAP Manager」をクラウド展開
DDoS攻撃の「自動緩和機能」を提供 - NTTコム
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
ネットワーク内不審通信のレポートサービス - ALSOK