Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

運用甘い脆弱なルータを狙う攻撃が大量発生 - 「WebLogic」脆弱性狙う攻撃にも注意を

特定メーカーのルータを狙う攻撃が多数観測されている。初期設定のまま運用されている機器を狙ったものだったという。

インターネットイニシアティブ(IIJ)が、同社マネージドサービスにおいてIPSやIDSで検知した6月の攻撃動向について取りまとめたもの。

同社では6月前半、1サイトにつき1日あたり数百件規模の攻撃を観測。さらに新規のシグネチャを同月中旬より適用したことで、以降は1000件から多いときには2000件超の攻撃を観測した。

もっとも目立ったのが、Netis製やNetcore製ルータを狙った攻撃。パスワードが初期設定のまま運用されているルータを狙い、リモートでコードの実行を試みるもので、全攻撃の52.5%を占めたという。

(Security NEXT - 2018/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ヤフー、長期間利用ないアカウントを停止 - 不正利用対策で
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず
アクセス制御技術の研究開発情報を募集 - 政府
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
2019年上半期の捜査機関開示要請は1625件、79%に対応 - LINE
上半期の不正アクセス検挙182件 - 関係者の犯行が最多
Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
約300台のワーム感染や偽決済画面設置の原因は? - 実例を解説
警視庁とソースネクストがサイバー犯罪対応で協定
JSOLとBBSecが協業、クラウド導入とセキュ対策を提供