Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員と部署のメールアカウントに不正アクセス、メール漏洩やスパム送信など - 明大

明治大学は、職員や部署のメールアカウントが不正アクセスを受け、送受信したメールが窃取されたほか、迷惑メール送信の踏み台に悪用されたことを明らかにした。

同大によれば、職員、部署それぞれ1件のメールアカウントが不正アクセスを受けたもの。職員のメールアカウントは、6月30日に不正アクセスを受け、同アカウントを通じて迷惑メール415件が送信された。

また、同アカウントで送受信されたメールおよび添付書類332件をダウンロードされていたという。

これらメールには、学生と卒業生31人分の氏名や学生番号、勤務先での役職名などが含まれる。さらにメールアドレス69件も流出した。

(Security NEXT - 2018/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスによる情報流出、件数を訂正 - 日本がん治療認定医機構
排卵検査薬の通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
アサヒ軽金属のネットショップに不正アクセス - 最大7.7万件のクレカ情報が流出か
不正プログラムが設置、カード情報が外部流出 - 衣料品通販サイト
マニュアル作成サービスへの不正アクセスを否定 - 操作ミスが原因
アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
「シャレード文庫」メルマガ会員のアカウント情報が流出 - 二見書房
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及