Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員が個人情報を持ち帰り紛失、決裁文書放置で未処理も - 三重県

三重県において、職員が決裁文書を持ち帰り、未処理のまま放置していたことや、個人情報含む書類を紛失していたことがわかった。奨学金の貸与などに影響も出たという。

同県によれば、歯科技工士に対する修学資金の貸与や、障害者雇用対策事業の事務処理において、担当職員が事務処理を後回しにし、処理せずに放置されていたことが判明したもの。5月9日に債権者から障害者雇用対策事業の経費について未払いになっているとの指摘があり、問題が発覚した。

同県が担当職員に聞き取り調査を行ったところ、公文書の持ち帰りや経費の私費による支払いなどが判明。同県ではこれを受け、7月中旬にかけて、同職員が担当した過去10年分の事業について調査を実施した。

歯科技工士修学資金の貸与に関しては、決裁文書を自宅へ持ち帰って放置。2011年度に貸与が決定していた3人に対して、通知が行われず、資金の貸与が行われなかったことが判明。また2010年度から2012年度にかけて、貸与の決定通知や修学資金の貸与、返還手続きなどの遅延が生じていた。

(Security NEXT - 2018/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む私物USBメモリ紛失で中学教諭を懲戒処分 - さいたま市教委
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
顧客情報を誤って一般ゴミで廃棄、収集車から飛散 - ケアコム
個人情報含む書類の紛失や不適切処理で職員を処分 - 三重県
顧客情報含む帳票を紛失、棚ごと誤廃棄か - ウエルシア薬局
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
埼玉で廃棄したはずの個人情報、群馬で発見 - 大東建託
閲覧禁止の人事情報にアクセス、危機管理課職員を処分 - 龍ケ崎市
複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
個人情報含むHDD紛失で職員を処分 - 大阪の消防組合