Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC

NECは、ファイルサーバの統合管理ソフト「NIAS」の新版となる「同4.1」を、8月9日より提供開始する。

同製品は、点在する拠点に設置されたファイルサーバを一元管理できるソフトウェア。

NIASエージェントサーバが各拠点のファイルサーバ情報を収集。管理サーバに集約し、ファイル管理ルールや、アクセス権の管理、セキュリティポリシーの適用などを行える。

同社のファイル暗号化製品「InfoCage FileShell」との連携に対応。個人情報を含む機密ファイルのみ定期的に検出して、暗号化できる。また従来の「AWS」や「Azure」などとの連携にくわえ、オンラインストレージ「Box」との連携に対応した。

価格は、基本ライセンスが54万円から。リソース管理オプション、個人情報検出オプションが各54万円から。

(Security NEXT - 2018/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
ソフトクリエイト、ID管理ツール「LDAP Manager」をクラウド展開
中小企業向けセキュ人材マッチングサービス「バーチャルCISO」
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも