Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC

NECは、ファイルサーバの統合管理ソフト「NIAS」の新版となる「同4.1」を、8月9日より提供開始する。

同製品は、点在する拠点に設置されたファイルサーバを一元管理できるソフトウェア。

NIASエージェントサーバが各拠点のファイルサーバ情報を収集。管理サーバに集約し、ファイル管理ルールや、アクセス権の管理、セキュリティポリシーの適用などを行える。

同社のファイル暗号化製品「InfoCage FileShell」との連携に対応。個人情報を含む機密ファイルのみ定期的に検出して、暗号化できる。また従来の「AWS」や「Azure」などとの連携にくわえ、オンラインストレージ「Box」との連携に対応した。

価格は、基本ライセンスが54万円から。リソース管理オプション、個人情報検出オプションが各54万円から。

(Security NEXT - 2018/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
クローズド環境で「Cylance」を利用するためのオプション2製品
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG