Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC

NECは、ファイルサーバの統合管理ソフト「NIAS」の新版となる「同4.1」を、8月9日より提供開始する。

同製品は、点在する拠点に設置されたファイルサーバを一元管理できるソフトウェア。

NIASエージェントサーバが各拠点のファイルサーバ情報を収集。管理サーバに集約し、ファイル管理ルールや、アクセス権の管理、セキュリティポリシーの適用などを行える。

同社のファイル暗号化製品「InfoCage FileShell」との連携に対応。個人情報を含む機密ファイルのみ定期的に検出して、暗号化できる。また従来の「AWS」や「Azure」などとの連携にくわえ、オンラインストレージ「Box」との連携に対応した。

価格は、基本ライセンスが54万円から。リソース管理オプション、個人情報検出オプションが各54万円から。

(Security NEXT - 2018/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
ハイブリッド環境対応の上位版MSSを開始 - テクマトリックス
MDMにSIM抜差監視機能を追加 - オプティム
サイトの脆弱性を診断する月額制クラウドサービス - セキュアブレイン
インシデントや委託先の管理を支援するサービス - GRCS
A10、製品連携のDDoS攻撃対策を実現 - 機械学習で自動防御
委託先セキュリティ検査を支援するパッケージ - NRIセキュア
リコーとシスコが提携 - オフィス機器のセキュアな接続などで
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充