Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

症例要約含むUSBメモリを医学部で紛失 - 群馬大

群馬大学は、医学部において個人情報を含むUSBメモリが、所在不明になっていることを公表した。

同大によれば、症例の要約を記録したUSBメモリを紛失したもの。2月以降の実習時に医学部の学生によって作成されたデータが保存されていたもので、学生が、学外で紛失した可能性があるという。

個人が特定できるデータは1件のみとしており、氏名や年齢、性別、病歴、診断内容などが含まれる。また別に7件の要約も保存されていたが、個人は特定できないとしている。

同大では、個人が特定可能なデータの関係者に対し、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2018/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医療機器メーカー元従業員が書類送検 - 患者や顧客、技術情報など不正持出
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 阪南大
生徒の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 一戸町
中学校で個人情報入りUSBメモリを紛失、住民の拾得で判明 - 千葉市
USBメモリを紛失、農業団体の名簿など含む可能性 - 川崎市
所在不明だった受託USBメモリを回収して返却 - 印刷事業者
患者情報含むUSBメモリ3本が所在不明 - 大阪市大付属病院
教員採用試験の問題案含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
顧客情報含むUSBメモリを電車内に置き忘れ - 銀座十字屋
同人誌の原稿データ含むUSBメモリが所在不明 - 印刷事業者