Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クローズド環境で「Cylance」を利用するためのオプション2製品

Cylance Japanは、「CylancePROTECT」をクラウドへ接続できない環境向けにオプション製品「CylanceHYBRID」「CylanceON-PREM」を提供開始した。

「CylanceHYBRID」は、「CylancePROTECT」のアップデートにおける専用のプロキシとして動作する製品。端末より直接インターネットへ接続できず、メインテナンス用の特定端末のみ許可されている環境などで活用できる。

また外部ネットワークへ一切接続できない環境向けに「CylanceON-PREM」を用意した。シンプルな管理機能を提供するアプライアンスで、同製品よりクローズド環境の「CylancePROTECT」についてアップデートやポリシーの設定など行うことができる。

いずれもVMware向けのバーチャルアプライアンスとして提供し、1万アカウントまで管理することが可能。「CylanceHYBRID」は、「CylancePROTECT」のユーザーであれば無償で使用することが可能。「CylanceON-PREM」はオープンプライス。

(Security NEXT - 2018/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

統合監視と初動対応時の情報提供サービスを追加 - 日立システムズ
WAFとマルウェア検知をセット、ウェブサイト向けクラウドサービス
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
「Windows Defender ATP」と「SOC」を連携させたMSS - NTTコム
Cylance製品向けの運用監視サービス - テクマトリックス
個人向けESET製品に新版、UEFIスキャン機能など追加
FireEye、メールセキュリティ製品に新版 - リンク置換で保護、BEC対策も
工場生産ラインの制御システムを保護するソリューション - CEC