Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数IPよりニコニコにPWリスト攻撃 - 5月に続き注意喚起

動画サービス「niconico(ニコニコ)」において、本人以外によるなりすましのログインが複数検知された。同サービスを運営するドワンゴでは、数万件規模のパスワードリスト攻撃が確認された5月に続き、あらためて注意を呼びかけている。

同社によると、複数のIPアドレスより不正アクセスを受け、7月に入ってふたたび注意喚起を行ったもの。一部アカウントにおいて、本人以外の第三者によるログインを検出したという。同社以外で流出したアカウント情報による「パスワードリスト攻撃」の可能性が高いと説明している。

不正にログインされた場合、所有ポイントの不正利用や追加購入が行われたり、登録メールアドレスやパスワードの変更、動画やコメントの投稿、登録情報の閲覧などが行われるおそれがある。

同社では、5月にもパスワードリスト攻撃を受けて注意喚起を行い、取材に対して数万回規模の攻撃だったことを明らかにしているが、今回は攻撃の規模についてコメントを避けた。

同社広報では「必要と思われる場合に注意喚起を行っている」と述べるのとどめ、実際に攻撃を受けた時期や前回注意喚起以降の動向、今回のアナウンスに至ったくわしい背景などは明らかにしていない。

同社では、他サービスと同じパスワードを使い回している場合は、すみやかにパスワードを変更し、2段階認証を導入するよう、利用者に自衛を求めている。

(Security NEXT - 2018/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「おさいふPonta」にパスワードリスト攻撃、1時間に約30万件 - 一部で残高の不正移行
WAONのポイント不正移行、被害者数を上方修正 - 個人情報流出の可能性も
WAONサイトに「パスワードリスト攻撃」 - 40人でポイント被害
カード会員向けサイトにPWリスト攻撃、アカウント945件がログイン許す - アプラス
「dアカウント」への「PWリスト攻撃」、攻撃規模は明らかにせず - 個人情報流出は否定
「eoID」で6458件の不正ログイン被害 - 盆休みに約126万回の試行
アンケートサイトが不正ログインを検知 - 他所流出のリストを悪用か
ニコニコ狙う不正ログイン攻撃、数百万回規模の試行 - 分散したIPアドレスより攻撃
パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
リスト用いたなりすましの会員登録申請が発生 - フフルル