Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

USBメモリを院内で紛失、患者情報含む可能性 - 北里大病院

北里大学病院は、患者の個人情報が保存されている可能性があるUSBメモリを、職員が紛失したことを明らかにした。

同院によれば、6月18日に職員が私物のUSBメモリを紛失したもの。2014年8月1日から2016年7月31日にかけて、同院脳神経外科で治療を受けた患者約50人の氏名、患者番号、疾患名、治療名、治療日時などのデータが保存されている可能性がある。ファイルにパスワードは設定されていない。

紛失直前の作業で患者情報は取り扱っておらず、当初は個人情報に関する紛失と捉えていなかったが、同職員が6月28日に自宅のパソコンを確認したところ、学会で使用するために利用した個人情報の使用履歴が見つかり、紛失したUSBメモリにも同様のデータが保存されている可能性が浮上。7月2日に院長へ報告し、翌3日に警察へ紛失を届けた。

同院では対象となる患者に、説明と謝罪の書面を送付するとしている。同院では2017年2月より管理体制を見直し、セキュリティ対策機能を備えたUSBメモリを導入しているが、今回の問題を受けて、それ以前のデータに関しても管理を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2018/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市
健康保険関連の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 蒲郡市
症例要約含むUSBメモリを医学部で紛失 - 群馬大
保育園駐車場で車上荒らし、健診データ含む個人情報が盗難 - 三重県
高校で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
小学校で児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 橿原市
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 伊勢総合病院
がん検診結果など含むUSBメモリが委託先で所在不明 - 尼崎市
患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大