Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

寄付者の個人情報含むPCを一時紛失 - 生活困窮者支援のNPO法人

生活困窮者への食品提供などの活動を展開するNPO法人のセカンドハーベスト・ジャパンは、個人情報含むパソコンを職員が紛失したことを明らかにした。パソコンは6日後に回収されたという。

同法人によれば、6月27日に職員が電車内に業務用のノートパソコンを置き忘れ、紛失したもの。翌28日に警察へ届けた。

問題のパソコンには、2016年1月から2018年1月までに寄付を行った企業や人物など1415件の情報を保存。氏名や住所、寄付金額など含まれる。

さらに埼玉県在住のボランティア370人分、東京都在住のボランティア約70人分の氏名、電話番号、メールアドレス、およびフードドライブ実施組織34件の組織名、担当者名、メールアドレスが保存されていた。また、送受信したメールなども含まれる。

7月3日13時半ごろ、警察よりノートパソコンが見つかったとの連絡があり、回収した。紛失期間中、パソコンに第三者がログインした形跡はなかったとしている。また個人情報が保存されていた関係者に対しては、事情を説明し、謝罪する書面を送付した。

(Security NEXT - 2018/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

乳児がいる家庭への訪問記録票を紛失 - 熊本市
DV被害者の転居先情報含む書類を紛失、安全確保のため再転居 - 川崎市
高校で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
個人情報含むPCが所在不明、誤って廃棄業者に引き渡しか - 角田市
個人情報含むノートPCを都内で紛失 - 講談社
保育所で児童の画像含む記録メディアを紛失 - 大阪市
USBメモリを院内で紛失、患者情報含む可能性 - 北里大病院
埼玉で廃棄したはずの個人情報、群馬で発見 - 大東建託
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 伊勢総合病院
患者の個人情報や検査結果含むPCを紛失 - 兵庫医科大病院