Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部会員の登録情報が流出、システム障害で - トイ・ワイド友の会

会員向けに玩具や自転車などの修理代補償サービスを提供しているトイ・ワイド友の会は、一部会員登録者の個人情報が流出したことを明らかにした。

同会によれば、6月18日9時半から10時半までの間、オンライン登録の一部システムにおいて障害が発生。期間中に会員登録をした10人の登録情報が漏洩したという。

今回の事故を受け、同会では対象となる会員に対し、書面で事情の説明などを行っている。

(Security NEXT - 2018/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

難病患者支援事業で申請書の紛失や書き換えなど判明 - 愛知県
島根大の複数職員がフィッシング被害 - スパム送信やメールの不正転送が発生
福祉サービス利用者の個人情報を誤廃棄 - 観音寺市
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
大阪府で児童扶養手当の決裁文書紛失が判明、2017年に5月発生 - 本籍や病歴、マイナンバーも
障害者向け支援事業利用者の個人情報を紛失 - 国分寺市
介護給付費などの通知書を誤送付 - 大阪市
長野県、なりすまし職員に公文書渡す - 確認口頭のみで
メルカリの他利用者情報の誤表示、複数条件揃う必要