Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット接続された脆弱な重要インフラIoT機器が150件 - 4分の3は連絡つかず

総務省は、重要インフラで用いられており、インターネットからアクセスできる脆弱なIoT機器について調査を実施し、150件が見つかったことを明らかにした。関係者を特定し、注意喚起まで行えたケースは、約4分の1ほどだったという。

20180702_so_002.jpg

同調査は、2017年9月から2018年3月にかけて、ICT-ISACと横浜国立大学などが協力し、重要インフラで利用されるIoT機器の実態について調べたもの。

おもにTCP 80番ポートに対してアクティブスキャンを実施。機器の動作へ影響することも配慮し、パスワードが適切に設定されていない機器や、パスワードを設定しているものの、認証画面がインターネット上で公開されているものを脆弱な機器として検出した。

具体的な調査の流れとしては、ウェブインタフェースにアクセスできた場合、記載された情報などから所有者を特定。コンタクトをとり、関係者の同意のもと、機器の設置環境や設定状況、システム構成などの現地調査を実施。さらに類似案件に対しても電話やメールによるヒアリング調査を行った。

(Security NEXT - 2018/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Trend Micro CTF 2019」が開催 - オンライン予選は9月
「情報セキュリティ白書2019」を発行 - 無料のPDF版も
家庭用IoT機器の7%が「telnet」や「FTP」など使用 - ルータは15%
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
巧妙化する国家関与の攻撃 - 「サイバー防衛」議論するシンポが始動
「制御システムセキュリティカンファレンス」を2020年2月に開催 - CFPを実施
ログイン可能機器、約9000万IPアドレスで147件 - 「NOTICE」調査結果
「NICTER」でマルウェア感染機器を特定 - ISPより注意喚起
Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定
IoTセキュリティ対策の進捗状況と今後の課題を取りまとめ - 総務省