Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Linux向けダウンローダーの約99%がコインマイナー感染狙い

2018年第1四半期に検知したLinux向けのダウンローダーのほとんどが、仮想通貨の採掘を行うマルウェアの感染を狙ったものだったとする調査結果をWatchGuard Technologiesが取りまとめた。

同社が、同四半期に4万台弱の同社UTMにおいて収集したデータを取りまとめたもの。同四半期に検出したマルウェアの亜種は約2392万件。46%は定義ファイルを用いた検知を回避。のこりはいずれも振る舞いによって検知したものだった。国内に限ると検出したマルウェアの亜種は52万7263件。62%が定義ファイルによる検知を回避していた。

ワールドワイド全体において、Linux向けのダウンローダーやドロッパーの検出数は31万4515件。98.8%が仮想通貨を発掘させるマルウェアの感染を目的としたものだったという。

また同社では同四半期に、認証情報を窃取する「Mimikatz」を30万3526件検出した。マルウェアのなかで7番目に多かったが、3分の2は米国に集中。アジア太平洋地域で検出された割合は0.1%未満と少なかった。

(Security NEXT - 2018/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WordPress」の脆弱性、重要ファイル削除のおそれ - コード実行の可能性も
「VMware Tools」に権限昇格のおそれ - アップデートがリリース
ID管理製品「RSA Identity Governance & Lifecycle」に深刻な脆弱性
NEC製ルータやネットワークカメラに複数脆弱性 - 悪用には管理者権限必要
脆弱性緩和ツール「EMET」、7月31日にサポート終了 - 「Windows 7」環境などに影響
西日本豪雨に便乗する詐欺に注意 - 義援金は信頼できる振込先へ
DHCPサーバ「Kea」、リソース枯渇によるサービス停止のおそれ
「Flash Player」にセキュリティアップデート、深刻な脆弱性を解消 - 悪用は未確認
7月のMS月例パッチが公開、脆弱性53件を修正 - 「緊急」は17件
「Adobe Acrobat/Reader」に51件の深刻な脆弱性 - あわせて100件以上を修正