Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Linux向けダウンローダーの約99%がコインマイナー感染狙い

2018年第1四半期に検知したLinux向けのダウンローダーのほとんどが、仮想通貨の採掘を行うマルウェアの感染を狙ったものだったとする調査結果をWatchGuard Technologiesが取りまとめた。

同社が、同四半期に4万台弱の同社UTMにおいて収集したデータを取りまとめたもの。同四半期に検出したマルウェアの亜種は約2392万件。46%は定義ファイルを用いた検知を回避。のこりはいずれも振る舞いによって検知したものだった。国内に限ると検出したマルウェアの亜種は52万7263件。62%が定義ファイルによる検知を回避していた。

ワールドワイド全体において、Linux向けのダウンローダーやドロッパーの検出数は31万4515件。98.8%が仮想通貨を発掘させるマルウェアの感染を目的としたものだったという。

また同社では同四半期に、認証情報を窃取する「Mimikatz」を30万3526件検出した。マルウェアのなかで7番目に多かったが、3分の2は米国に集中。アジア太平洋地域で検出された割合は0.1%未満と少なかった。

(Security NEXT - 2018/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 67.0.2」がリリース、Windows版の脆弱性を修正
MTAの「Exim」に深刻な脆弱性 - リモートでコマンド実行のおそれ
「Minecraftサーバ」向けプラグインに脆弱性
「ColdFusion」に3件の深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
WP向け出勤管理プラグインなどに複数脆弱性
OSSのwikiシステム「GROWI」に2件の脆弱性 - アップデートがリリース
「VMware Tools」や「Workstation」に脆弱性
HPE IMCに多数の深刻な脆弱性 - 早急にアップデートを
「Windows 10」のリモート接続で画面認証回避のおそれ - 修正パッチは未提供