Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報入りPCがドイツで盗難、発生は4カ月前 - 久留米大

久留米大学は、教員が海外の研修先であるドイツで盗難に遭い、学生の個人情報を保存したパソコンが盗まれたことを明らかにした。

同大によれば、同教員が2月27日に学生の海外研修の引率で訪れたドイツのホテルで、パソコンの盗難被害に遭ったもの。持ち出すためのパソコンが研修に出発する直前に故障したため、別のパソコンを持参したところ、個人情報の削除が不十分だったという。

問題のパソコンには、レポートの提出状況やレポート、出欠確認、海外研修の手続き書類など、学生や大学院生のべ679人分の個人情報が保存されていた。氏名や学籍番号、メールアドレスなどが含まれる。

またこれ以外に、同教員が非常勤講師を務める他大学の学生の情報も含まれる。海外研修の手続き書類や授業のメモなど一部は暗号化していたが、それら以外のデータは、暗号化していないい可能性が高いとしている。

今回の盗難は2月末に発生しており、公表まで4カ月近くを要したが、同大では公表が遅れたことについて、盗まれたパソコンにどのような情報が保存されていたかの精査に時間がかかったと説明。対象となる学生には、事情を説明し、謝罪する書面をすでに送付している。

(Security NEXT - 2018/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Emotet」感染でなりすましメール送信 - 岐阜新聞社
避難行動要支援者の情報含むUSBメモリを紛失か - 富津市
顧客情報含む委託先PCに外部から不正な遠隔操作 - 荏原製作所
患者情報含むPCとHDDを院外で紛失 - 昭和大病院
患者情報含むPCをタクシー内に置き忘れて紛失 - 大阪労災病院
個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 総研大
保育園で撮影画像含む記録メディアを紛失 - 文京区
従業員PCがマルウェア「Emotet」に感染 - 関西電力
PCから顧客情報流出の可能性 - 分析装置製造会社
関空免税店サイトで不具合 - 他顧客情報が閲覧可能に