Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に

国内のマネージドEDRサービスの2017年度における市場規模は3億5000万円で、前年度比2.5倍へと拡大した。市場規模は小さいものの今後高い成長率を示し、2022年には50億円規模に達するとの予測をITRが示した。

同社が国内28ベンダーを対象に、EDRのインストールから運営監視、マルウェア分析など行うマネージドサービスについて市場動向を調査、その結果を取りまとめたもの。

2017年度における同サービスの市場規模は3億5000万円となり、市場規模は小さいものの、前年度比2.5倍と大きく成長したという。

2018年度は3.1倍とさらに高い成長率を示し、約11億円に拡大すると予測。今後も堅調に推移し、2022年までの年平均成長率を70.2%、2022年には市場規模が50億円に達すると見込んでいる。

(Security NEXT - 2018/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
ジュニパーとカーボンブラック、連携ソリューションを展開
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
「FFRI yarai」にハッシュ値による脅威検索機能 - アドオンで追加予定
NTTテクノクロス、Carbon Blackベースの「TrustShelter/EPP」を提供
NRIセキュア、CrowdStrike向けに「マネージドEDRサービス」を提供
サイバーリーズン、EDRとマルウェア対策を統合したセキュリティプラットフォーム
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」