Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用

「Winny」をはじめとするファイル共有ソフトは依然として利用されており、2018年のゴールデンウィークには、約9万人が利用したと見られている。

ネットエージェントが、4月26日から5月8日にかけて、ファイル共有ソフト「Winny「Share」「Perfect Dark」におけるノード数を調査し、結果を取りまとめたもの。

これらファイル共有ソフトの利用者をあわせると、依然として9万人前後が定期的に利用していると見られている。

もっとも多くノード数が確認されたのが「Winny」。調査期間中、毎日4万件超のノードを観測した。「Perfect Dark」は3万件前後、「Share」が1万件前後で推移している。

20180621_na_001.jpg
ゴールデンウィークにおけるノード数の推移(グラフ:ネットエージェント)

(Security NEXT - 2018/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

改ざん起因の「Webmin」脆弱性に対するアクセス観測 - JPCERT/CCまとめ
脆弱性16件の修正含む「macOS Catalina 10.15」をリリース - Apple
2019年上半期の攻撃パケット、IPアドレスあたり約48万件
2019年1Q、フィッシングが17%増 - 3割がMS偽装
人気顔写真加工アプリの便乗攻撃 - 有料版が無料とだます手口
5月中旬から「TCP 37215番ポート」宛パケット増加 - 「Mirai」亜種か
3人に1人が「退職後も元職場にアクセスできる」- Kaspersky調査
標的型攻撃が「Slack」や「GitHub」を悪用 - コード入手やコマンド実行の通知手段に
2018年下半期の攻撃トラフィック、上半期の3.5倍 - 8割強が「telnet」狙い
2018年に2121億の攻撃パケット観測 - 23番ポート宛が半減