Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AIに関する課題、「理解不足」が約7割 - 導入効果への不安も

AIの導入状況を企業規模別に見ると、売上高が1000億円未満の企業は6割が導入の予定はないとしている。

一方、1000億円以上の企業になると、導入の予定がないと回答した割合は23.2%と低く、「すでに導入している」が14.3%、「実証実験を行っている」が28.6%と、企業規模によって明確に差が出た。

AI導入を「検討中」「検討予定」「関心はある」と答えた企業にAI導入の課題を聞いたところ、「理解不足」が68.4%でもっとも多かった。次いで「導入効果が得られるか不安」が52.4%、「手軽に導入できるAIのサービスや製品がない」が43.6%、「導入費用が高い」が38.5%と続いた。

(Security NEXT - 2018/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

狙われるZyxel製ネットワーク管理製品の脆弱性 - ボットネットも標的に
2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
6月にオンラインイベント「CSA Japan Summit 2020」が開催
「SMBv3」の脆弱性判明以降、探索行為が増加
【追記あり】JSSEC、「セキュリティフォーラム2020」を3月に開催
【追記あり】人材育成プログラム「SecHack365」 - 3月に成果発表会
ウェブルート、川柳コンテストの入賞作品を発表
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情セ大
「Mirai」感染狙うIoT機器狙った11種類のアクセス - 12月より増加