Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位

2017年は343件のあらたなランサムウェアが発見された。ワーム機能を備えた「WannaCrypt」の登場により、攻撃は前年の4倍以上へと拡大したという。

エフセキュアがランサムウェアの観測動向を取りまとめたもの。2017年に発見されたランサムウェアは343件で、前年から62%増加した。

ランサムウェアによる攻撃の検出数は、前年から415%増加。増加の背景には、2017年5月に発生した「WannaCrypt」の大規模感染を挙げている。

同年にもっとも多く検出されたのは「WannaCrypt」で約9割と突出。「Locky」「Mole」が続いた。「WannaCrypt」は2017年後半も活発に活動しており、国別検出数を見ると、18%を占めた「マレーシア」がトップで、次いで「日本(15%)」が多かった。

「WannaCrypt」以外のランサムウェアを見ると、年末にかけて減少傾向を見せた。その要因として、ビットコイン相場の急上昇により、仮想通貨のマイニングを行うマルウェアにサイバー犯罪のトレンドがシフトしたと同社では分析している。

(Security NEXT - 2018/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
中堅企業4社に1社、直近3年間にセキュ事故経験
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
10月は「Emotet」が急増 - 3カ月間の休止経て
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡