Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位

2017年は343件のあらたなランサムウェアが発見された。ワーム機能を備えた「WannaCrypt」の登場により、攻撃は前年の4倍以上へと拡大したという。

エフセキュアがランサムウェアの観測動向を取りまとめたもの。2017年に発見されたランサムウェアは343件で、前年から62%増加した。

ランサムウェアによる攻撃の検出数は、前年から415%増加。増加の背景には、2017年5月に発生した「WannaCrypt」の大規模感染を挙げている。

同年にもっとも多く検出されたのは「WannaCrypt」で約9割と突出。「Locky」「Mole」が続いた。「WannaCrypt」は2017年後半も活発に活動しており、国別検出数を見ると、18%を占めた「マレーシア」がトップで、次いで「日本(15%)」が多かった。

「WannaCrypt」以外のランサムウェアを見ると、年末にかけて減少傾向を見せた。その要因として、ビットコイン相場の急上昇により、仮想通貨のマイニングを行うマルウェアにサイバー犯罪のトレンドがシフトしたと同社では分析している。

(Security NEXT - 2018/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月は「Emotet」が急増 - 3カ月間の休止経て
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず