Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「投稿を表示する相手」の選択肢設定に一時不具合 - Facebook

Facebookは、投稿を表示する相手を選択する機能において、最初に選択される第1候補が「公開」となる不具合が発生していたことを明らかにした。

同社によれば、5月18日から同月27日にかけて、Facebookに投稿する際に、「投稿を表示する相手」を選択する機能において、「公開」が選択肢の第1候補になっていたもの。

最後の投稿時における設定が保持される通常の動作となるが、プロフィール上の新機能を構築する際に発生した不具合が原因で機能していなかった。投稿の際、「投稿を表示する相手」を選択することは可能だったとしている。

不具合の判明を受けて同社では修正を実施。ワールドワイドで利用者1400万人に影響があったとし、期間中の投稿設定について確認するよう同社では呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム被害ファイルの解析作業、復号ツール活用も視野に - 宇陀市立病院
電子カルテにランサム感染、バックアップミスでデータ復元できず - 宇陀市立病院
迷惑メールフィルタの不具合で受信メール約1030万件が消失 - ソフトバンク
慶大、AO入試出願者の関連書類を誤表示 - システム不具合で
暗号化の動機、「知的財産の保護」が6割 - 脅威は「従業員のミス」が最多
前版より約10日、「Ghostscript」が再修正 - アップデートを強く推奨
仮想通貨の不正送金で利用者に全額補償 - Monappy
「Monappy」、ホットウォレット内の仮想通貨が盗難 - 高負荷時の不具合突かれる
予約顧客宛の自動送信メールが他顧客に誤送信 - チョイスホテルズジャパン
会員の個人情報がネット上で閲覧可能に - 輸入家電販売サイト