Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「セシールオンラインショップ」に不正アクセス - 攻撃リストが顧客IDと一致

さらに今回不正アクセスに使われた1938件のメールアドレスが、いずれも、「セシール」に登録されている顧客のIDと一致。攻撃以前にメールアドレスが同社より流出していた可能性が高いとして、経路など含め事実関係について調査を進めている。

同社では、不正にログインされたアカウントに対してログイン機能を停止し、顧客にメールで事情を説明。不正アクセス元のIPアドレスを含め、中国全土からのアクセスを遮断した。また同社が運営するオンラインショップの利用者に対してIDやパスワード管理について注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

水産加工品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
防衛省「注意情報」が流出した可能性 - 三菱電機
不正アクセスでスパム送信、情報流出のおそれも - 長岡技科大
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
防衛装備関連情報が流出か - 三菱電の再精査で判明
保育園向け連絡帳アプリで情報流出 - テスト環境への不正アクセス
メルアカ2件に不正アクセス、不正転送など発生 - 農工大
ソフトバンク元従業員が業務文書の持ち出しで逮捕
不正アクセス原因、PWスプレー攻撃の可能性 - 東京企画
レジ用品通販サイトに不正アクセス、顧客のメアドが流出