Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中学校で成績含む資料が約2カ月間放置状態に、生徒が発見 - 横浜市

横浜市は、市立中学校において、生徒の氏名や成績情報、友人関係などが記載されたクラス分け資料が、空き教室に一時放置されていたことを公表した。

同市によれば、2018年度1年生のクラス分け資料が、空き教室の机の中に放置されているのを、同校の生徒が発見したもの。問題の資料は、3月20日の職員会議で使用されたもので、1年生102人の氏名や性別、小学校での成績、友人関係などが記載されていた。

職員会議の終了後、会議参加者に配布した資料については担当教諭が回収、シュレッダーで裁断したが、自分用の資料を会議を行った空き教室に置き忘れてしまったという。5月30日に同教室を使用した生徒が発見、職員に届けた。同教室は、通常施錠されており、3年生の女子が保健体育の際、更衣室として使用している。

同校では対象となる生徒の家庭訪問を行って、説明と謝罪を実施。また、保護者説明会を開いてあらためて説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2018/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で生徒の体力テスト記録票原簿を紛失 - 東京都
決裁文書を紛失して虚偽報告、職員を処分 - 原子力規制委員会
小中学校の心電図検診データを紛失、再検査を実施 - 青森県医師会
住民からの相談記録4000件を紛失、誤廃棄か - 熊本市
体制不備を指摘、事後対応では類似被害防止に貢献 - J-WAVE調査報告書
県立高で生徒指導カードが所在不明、廃棄ロッカーなどに放置 - 大阪
顧客リストが公園の立入禁止区域に放置 - NTT西
自動車雑貨通販サイトからクレカ情報流出 - テスト環境経由でバックドア
県立高校で1クラス分の出席簿が所在不明 - 岐阜県
帳票を手で破り指定外ゴミ袋で廃棄、回収されず散乱 - NTT西日本委託先