Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トヨタのネット接続サービス、アクセスキーが公開ソースコード内に - 情報流出の可能性

トヨタ自動車とトヨタコネクティッドが提供するコネクティッドサービス「T-Connect」の一部契約者に関する個人情報が、外部に流出した可能性があることがわかった。

顧客のメールアドレスや顧客管理番号29万6019件が外部に流出した可能性があることが明らかとなったもの。2017年7月以降に「T-Connect」のユーザーサイトでメールアドレスを登録した顧客が対象となる。

「T-Connect」のユーザーサイトに関する一部ソースコードが、2017年12月以降、開発プラットフォームである「GitHub」上に公開され、第三者がアクセスできる状態となっていたことが9月15日に判明。ソースコード内にデータサーバのアクセスキーが含まれていた。

調査においてデータサーバのアクセス履歴から第三者のアクセスは確認できず、不正に利用されたとの情報もないが、外部に流出した可能性を否定できない状況にあるという。

原因は、「T-Connect」のウェブサイトを開発する委託先が規則に反し、2017年12月に誤ってソースコードの一部を公開設定のままGitHub上へアップロードしていたもので、気が付かずそのまま放置されていた。

(Security NEXT - 2022/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「偽OCN」の請求メールに注意 - 目立つISP装うフィッシング
他人のクレカ情報で商品購入 - 井原市職員を逮捕
サーバにサイバー攻撃 - 山形県の農業機器メーカー
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
栄養士採用試験の全申込者受験票を1人に誤交付 - 大阪市
取引先の担当者情報含むファイルを誤送信 - リクルート
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
LEDライト通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性