Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トヨタのネット接続サービス、アクセスキーが公開ソースコード内に - 情報流出の可能性

トヨタ自動車とトヨタコネクティッドが提供するコネクティッドサービス「T-Connect」の一部契約者に関する個人情報が、外部に流出した可能性があることがわかった。

顧客のメールアドレスや顧客管理番号29万6019件が外部に流出した可能性があることが明らかとなったもの。2017年7月以降に「T-Connect」のユーザーサイトでメールアドレスを登録した顧客が対象となる。

「T-Connect」のユーザーサイトに関する一部ソースコードが、2017年12月以降、開発プラットフォームである「GitHub」上に公開され、第三者がアクセスできる状態となっていたことが9月15日に判明。ソースコード内にデータサーバのアクセスキーが含まれていた。

調査においてデータサーバのアクセス履歴から第三者のアクセスは確認できず、不正に利用されたとの情報もないが、外部に流出した可能性を否定できない状況にあるという。

原因は、「T-Connect」のウェブサイトを開発する委託先が規則に反し、2017年12月に誤ってソースコードの一部を公開設定のままGitHub上へアップロードしていたもので、気が付かずそのまま放置されていた。

(Security NEXT - 2022/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市