Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

資源ゴミ保管場所から文書盗難、隣県路上に散乱 - 明日香村

奈良県明日香村において、個人情報が記載された文書など含む資源ゴミの盗難被害が発生した。隣県の路上で散乱した書類が見つかったことで問題が判明したが、一部は所在がわからないままだという。

同村によれば、同日12時半ごろ、三重県名張市の県道上に紙が散乱しているとして付近の住民から警察に通報があり、確認したところ同村の関連書類であることが判明したもの。

同村で調査を行ったところ、9月28日午後や翌日午前に庁舎の資源ゴミ保管場所へ搬入、保管していた廃棄予定の一部文書であることがわかった。

持ち去られたのは、紐で縛って保管していた4括りの書類。このうち観光イベントのパンフレットやチラシなど300部と、職員が作成した文書など約1200枚が路上で見つかり、回収された。わざと放置したものか、移動中に落下したものなのか、原因はわかっていない。

このうち文書5枚には、氏名や住所などあわせて68人分の個人情報が含まれる。個人情報が記載された文書は本来シュレッダーを用いて裁断する決まりだったが、見落として資源ゴミに紛れ込んでいた。

(Security NEXT - 2021/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む書類が風で飛散、一部未回収の可能性 - 済生会富山病院
個人情報含む廃棄文書が散乱、裁断しなかった教諭を処分 - 大阪府教委
個人情報を一般ゴミで廃棄、路上散乱 - 大阪府立高校
NTTコムなど通信サービスの申込書が運搬中に高速道路へ散乱
口座情報など含む書類が飛散、一部回収できず - 串本町
患者書類を車両屋根に置いたまま移動して紛失 - 茨城県西部メディカルセンター
顧客情報含む資料を車の上に置いて走行中に紛失 - 大丸
保健所公用車が車上荒らし被害、動物の苦情処理簿を紛失 - 三重県
患者の個人情報が路上に散乱、すべて回収 - 昭和大病院
路上で転倒し個人情報含む書類を紛失 - 大阪市