Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員が郵便物1.3万件を放置、再配達を実施 - 日本郵便

郵便局の従業員が約1万3000件の郵便物を配達せずに放置したり、隠し持っていたことがわかった。警察より返還されたことから再配達を行うという。

日本郵便によれば、大阪府内にある美原郵便局で働く従業員が、2021年9月下旬から2022年1月中旬にかけて、郵便物やゆうメールなどあわせて1万3016件を配達せず、雑木林に放棄したり、自宅などに隠し持っていたもの。

1月17日に警察より同局に対して、郵便物を放棄した容疑で同従業員を逮捕したとの連絡があり問題が発覚。警察の捜査へ協力するとともに、同月28日に告訴状を提出していた。同従業員は3月4日に懲戒解雇となっている。

事件の証拠品として警察が問題の郵便物を押収していたが、返還されたことを受けて、5月25日以降、差出人と受取人に連絡を取り、謝罪したうえで、顧客の意向に沿って再配達など対応を進めるとしている。

(Security NEXT - 2022/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年度の国内WAF市場、前年度比15.9%増
東京都、若年層向けにSNSトラブル防止動画コンテストを開催
イベント参加者への案内メールでメアドが流出 - 酒田市
宛名と異なる住所へ給付金決定通知書を送付 - 鎌倉市
IoTセキュリティがテーマのワークショップをハイブリッドで開催 - TCG
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
ビューカードのオンライン会員サービスで不正ログイン被害
若手国際CTFで日本人含むアジアチームが好成績 - 言葉や準備不足乗り越え奮闘
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ