Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

実物の調査書を見本に使用 - 府立高校

大阪府立高校において、個人情報が記載された進学用調査書を不適切に扱っていたことがわかった。

同府によれば、個人情報を記載した調査書が、他生徒に対する見本として利用されたもの。問題の調査書には生徒1人の氏名や性別、生年月日、現住所、各教科の評定などが含まれており、名前、性別、生年月日、現住所についてマジックで墨塗りされていたが、名前など読み取ることができる状態だった。

生徒を担任する教諭が他生徒の見本として作成。他担任7人に配布したところ、実データであることを知らず、教室の黒板に見本として掲示。そのまま放置されていた。

他生徒が個人情報が含まれていることに気が付き、対象となる生徒へ連絡したことから問題が発覚。同校では、対象となる生徒や保護者に経緯を説明し、謝罪している。

(Security NEXT - 2020/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で指導要録を紛失、誤廃棄の可能性 - 三重県
府立高校で生徒の記録簿が所在不明 - 大阪府
県立校で大学入学共通テストの自己採点結果を誤送信 - 愛知県
資料請求者間で個人情報が閲覧可能に - 高校生の進路支援サイト
高校でメール誤送信、体験授業参加者のメアド流出 - 大阪府
高校で誤送信、学校説明会申込者の一部メアドを宛先に - 大阪府
府立高で転退学生の既往症など個人情報含む資料を紛失 - 大阪府
県立校で裏紙利用した計算用紙に答案用紙が混入 - 佐賀県
高校の体験講座申込フォームで設定ミス、個人情報が流出 - 大阪市
県立高の配布プリント裏面に模試結果 - 佐賀県