Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

実物の調査書を見本に使用 - 府立高校

大阪府立高校において、個人情報が記載された進学用調査書を不適切に扱っていたことがわかった。

同府によれば、個人情報を記載した調査書が、他生徒に対する見本として利用されたもの。問題の調査書には生徒1人の氏名や性別、生年月日、現住所、各教科の評定などが含まれており、名前、性別、生年月日、現住所についてマジックで墨塗りされていたが、名前など読み取ることができる状態だった。

生徒を担任する教諭が他生徒の見本として作成。他担任7人に配布したところ、実データであることを知らず、教室の黒板に見本として掲示。そのまま放置されていた。

他生徒が個人情報が含まれていることに気が付き、対象となる生徒へ連絡したことから問題が発覚。同校では、対象となる生徒や保護者に経緯を説明し、謝罪している。

(Security NEXT - 2020/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
高校説明会の参加者宛メールで送信ミス - 大阪府
違法行為など行った教員情報を誤送信 - 新潟県
案内メール誤送信でメアド流出 - 広島学院
指導要録の写しと学籍に関する記録が所在不明 - NHK学園高校
県立高校で携帯電話の持込申請書が所在不明 - 岐阜県
個人情報含む廃棄文書が散乱、裁断しなかった教諭を処分 - 大阪府教委
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
高校で生徒と保護者の個人情報含む書類を誤配布 - 大阪市
関係ない個人情報含む表計算ファイルを送信 - つくば市