Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教育ネットに不正アクセス、意図しないファイル保存 - 福島県

福島県教育委員会は、サーバが不正アクセスを受け、内部にマルウェアなどが保存されたほか、メールアドレスが流出した可能性があることを明らかにした。システムの移行時に利用した「Samba」がそのまま放置されており、不正アクセスを受けたという。

同県教委によれば、県立校のウェブサイトを管理するために利用している「ふくしま教育ネットワークコンテンツサーバ」が不正アクセスを受けたもの。9月12日に委託業者より報告があり、問題が発覚した。

2018年1月10日から2019年9月12日にかけて、メールアドレスなどサーバ内部の情報が流出した可能性がある。

また2018年3月28日から2019年5月2日にかけて、26件の意図しないファイルが断続的に保存された。このうち8件がマルウェア。またデータを暗号化したなどとして、データの復元を条件に金銭の支払いを求める脅迫文を記載したテキストファイル1件も見つかっている。

(Security NEXT - 2019/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
不正アクセスによる障害で3サービスを当面停止 - 日産証券
関西エアポート関連サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
サーバに不正アクセス、一部ゲームデータが被害 - タイトー
ファイル送受信機器にゼロデイ攻撃、情報流出の可能性 - 内閣府
通販サイト「ゆとりの空間」、クレカ情報も被害
改ざんで「偽reCAPTCHA」表示、外部サイトへ誘導 - ゲーム情報サイト
白泉社でサイト改ざん、悪意ある外部サイトへ誘導
不正アクセスで顧客宛に詐欺メール、個人情報流出の可能性も - 暗号資産取引所