Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア

メールの添付ファイルなどとして送付される発注書や請求書に紛れてマルウェア感染を狙うトロイの木馬が多数検知されている。

20180606_ci_001.jpg
4月の国内におけるマルウェア検出状況(グラフ:CITS)

キヤノンITソリューションズが、同社で扱うESET製品により国内で4月に検出したマルウェアの動向について取りまとめたもの。

同社によれば、4月に国内で検出されたマルウェアとしては、全体の9.9%を占めた「VBA/TrojanDownloader.Agent」が前月に引き続き最多だった。

同マルウェアは、「VBA(Visual Basic for Applications)」ペースのダウンローダー。Officeドキュメントの発注書や請求書を装い、メールに添付されて送りつけられている。

次に多かったのは、脅威が検出されたという偽の警告をウェブブラウザ内に表示する「HTML/FakeAlert」。

次いでマイニングスクリプトである「JS/CoinMiner」が検知されている。さらにリダイレクトを行う「JS/Redirector」と続いた。

ESET製品が国内で検出したマルウェアのランキングは、以下のとおり。

1位:VBA/TrojanDownloader.Agent
2位:HTML/FakeAlert
3位:JS/CoinMiner
4位:JS/Redirector
5位:JS/TrojanDownloader.Nemucod
6位:Suspicious
7位:JS/Adware.Imali
8位:JS/Adware.Agent
9位:PowerShell/TrojanDownloader.Agent
10位:JS/TrojanDownloader.Agent

(Security NEXT - 2018/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
GMOペパボ、不正アクセスで調査報告 - 原因はシステムとマネジメント体制の不備
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」