Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校長が他校教諭の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 尾道市

広島県尾道市は、市立小学校において個人情報含むUSBメモリが所在不明となっていることを明らかにした。

同市によれば、小学校において個人情報を保存したUSBメモリの紛失が判明したもの。問題のUSBメモリは同校校長が私的に使用しており、市内小学校の教頭と主幹教諭27人分の氏名や住所、電話番号、携帯電話番号、学校名などが保存されていた。

5月15日に筆箱へUSBメモリが入っておらず、紛失していることへ気が付いた。同月10日に校長室でUSBメモリを使用したがその後の所在がわからないという。探索したが見つからなかったとして同月18日に教育委員会へ報告。警察に届けた。

今回の問題を受け、同市教委では市内の校長や共同調理場所長に個人情報保護の徹底を文書で指示。再発防止に向けて臨時校長会議を開催している。

(Security NEXT - 2018/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2店舗の顧客情報1.4万件含むUSBメモリを紛失 - ライフ
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
有権者情報6000人分含むUSBメモリを紛失 - 相模原市選管
健診データ含むUSBメモリが所在不明 - うつのみや病院
医療機器メーカー元従業員が書類送検 - 患者や顧客、技術情報など不正持出
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 阪南大
生徒の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 一戸町
中学校で個人情報入りUSBメモリを紛失、住民の拾得で判明 - 千葉市
USBメモリを紛失、農業団体の名簿など含む可能性 - 川崎市
所在不明だった受託USBメモリを回収して返却 - 印刷事業者