Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備

投機的実行を行うCPUにおいてサイドチャネル攻撃が可能となる脆弱性「CVE-2018-3639」が見つかった問題で、VMwareは同社製品向けに修正パッチの準備を進めている。

20180525_vm_001.jpg

「CVE-2018-3639」は、投機的ストアをバイパスされる脆弱性。アクセスに特権が必要となる任意のデータを取得されるおそれがある。「Meltdown」「Spectre」と類似。「Variant 4」とされており、別名「SpectreNG」とも呼ばれている。

同社では、今回明らかになった脆弱性について重要度を「中(Moderate)」とレーティング。「VMware vCenter Server」「VMware vSphere ESXi」に対して修正パッチの準備を進めており、同社がテストしたマイクロコードがIntelよりリリースされるのを待っている状態だという。

また「VMware Workstation」「VMware Fusion」に関しては、最近アップデートを実施したそれぞれ「同14.1.2」「同10.1.2」で緩和策を導入しているという。

(Security NEXT - 2018/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
Windows版LINEにリンクでDLL読込パスを指定できる脆弱性 - すでに修正済み
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性
NICT、脆弱性管理プラットフォーム「NIRVANA改弐」を発表