Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」

セキュリティ担当者を配備している企業が2割に届かないことがIDC Japanの調査により判明した。一方で6割以上の企業が既存の配置で十分と考えていたという。

20180516_ij_001.jpg
情報セキュリティ投資における前年度から見た増減率(グラフ:IDC Japan)

同社が1月に国内企業812社を対象に実施した情報セキュリティ対策に関する実態調査の結果を取りまとめたもの。

同調査によれば、情報セキュリティへの投資動向は全体では増加傾向にあるものの、61.8%の企業に関してはセキュリティ予算が確定しておらず、投資額は前年度と同水準であると回答した。

セキュリティ担当者を配備している企業は2割に届いていない。その一方で、6割超の企業が既存の人員配置で十分と考えていたという。

(Security NEXT - 2018/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
テリロジー、イスラエル投資会社と提携 - 現地ベンチャーとの関係強化
2018年の「架空請求」に関する相談は約23万件 - 封書を使う手口も
【訂正あり】イスラエル発「Cybertech Tokyo 2018」が都内で開催
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
セキュリティの専門家がいる企業は65% - 国内では51%
JNSA、「経営者のための情報セキュリティ対策」を公開 - 「ISO 31000」を例に解説
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施