Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽ECサイトの通報件数が増加 - マッチングアプリやSNSで異性から勧められたケースも

正規ショッピングサイトを模倣し、金銭や個人情報を詐取する悪質なサイトの通報件数が増加している。マッチングアプリやSNSで知り合った異性より勧められるケースもあった。

「悪質ECサイトホットライン」を開設するセーファーインターネット協会(SIA)より情報共有を受けた日本サイバー犯罪対策センター(JC3)が、通報内容について分析したもの。

2021年上半期は、2020年下半期の5076件を大きく上回る6535件の通報が寄せられた。67.3%は、通報者がインターネット検索時に認知したものだった。メールのURLによって把握したケースが13.4%で続く。

46.4%がパソコン、45.5%がスマートフォンのブラウザでサイトを知ったという。いずれも2020年の割合から若干の変化は見られるものの、大きな変動は見られなかった。

(Security NEXT - 2021/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談
啓発イベント「サイバー防災」がスタート - 人気キャラ「しろまる」とコラボ
2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系
フィッシング対策GLが改訂 - 実施すべき要件に「本文中リンクをクリックしないこと」
J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
2022年1Qのセキュ相談、前四半期比4割増 - Emotet関連が約54.7倍
まもなくゴールデンウィーク、セキュリティ体制の確認を
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
フィッシング検知、年末年始や年度替わりに増加傾向