Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽ECサイトの通報件数が増加 - マッチングアプリやSNSで異性から勧められたケースも

正規ショッピングサイトを模倣し、金銭や個人情報を詐取する悪質なサイトの通報件数が増加している。マッチングアプリやSNSで知り合った異性より勧められるケースもあった。

「悪質ECサイトホットライン」を開設するセーファーインターネット協会(SIA)より情報共有を受けた日本サイバー犯罪対策センター(JC3)が、通報内容について分析したもの。

2021年上半期は、2020年下半期の5076件を大きく上回る6535件の通報が寄せられた。67.3%は、通報者がインターネット検索時に認知したものだった。メールのURLによって把握したケースが13.4%で続く。

46.4%がパソコン、45.5%がスマートフォンのブラウザでサイトを知ったという。いずれも2020年の割合から若干の変化は見られるものの、大きな変動は見られなかった。

(Security NEXT - 2021/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
4割が親のインターネット利用に不安 - 詐欺メールに懸念
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
4月は暗号資産狙うフィッシングサイトが増加
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を