Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WebLogic」のRCE脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ公開数時間後より被害が発生

4月17日に修正パッチがリリースされた「WebLogic Server」の脆弱性に対する攻撃が発生している。パッチ適用後も脆弱性の悪用が可能であるとの指摘もあり、警戒が必要だ。

問題の脆弱性は、「T3プロトコル」のデシリアライズ処理に存在するリモートより悪用可能な脆弱性「CVE-2018-2628」。Oracleでは、4月17日に「クリティカルパッチアップデート(CPU)」をリリースし、対処したとしている。

同脆弱性に関しては、4月18日に脆弱性を発見したセキュリティ研究者がブログで詳細を説明。翌19日には別の研究者が実証コード(PoC)をGitHub上で公開した。

実際に脆弱性を悪用する動きも広がりを見せている。Morphus LabsのチーフリサーチオフィサーであるRenato Marinho氏によれば、T3プロトコルを利用するTCP 7001番ポートに対する探索行為が19日に急増したという。

20180510_wl_001.jpg
Morphus LabsによるTCP 7001番ポートの観測状況

(Security NEXT - 2018/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明