Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保険料の一部通知書が所在不明、郵便局の連絡で判明 - 島本町

大阪府島本町は、保険料仮算定決定通知書の一部が、所在不明になっていることを明らかにした。

同町によれば、国民健康保険料、後期高齢者医療保険料、介護保険料の2018年度仮算定決定通知書の一部が所在不明になっているもの。発送のため4月12日に郵便局へ引き渡したが、郵便局から受け取った郵便物の個数が異なると連絡があり、問題が判明した。

郵便局では、受け取った郵便物について区分けを終えていたことから、不足する259件の通知書について、対象者など調査できない状態のまま送付したという。

同町では、全被保険者の仮算定決定通知書を再発行し、書面で事情を説明、謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2018/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国保給付申請書1.3万件を紛失 - 神戸市
印影など含む振替払出書などを紛失 - ゆうちょ銀
高校で指導要録が所在不明、ロッカーが未施錠 - 神奈川県
高校生徒の個人情報含む記録簿を紛失 - 大阪府
卒業生の個人情報含む名簿を紛失 - 同志社大学政法会
名簿など保育園情報含むUSBメモリが所在不明 - 瀬戸内市
2支店で伝票約1万4000件を紛失 - きのくに信金
特定健診受診推奨名簿が所在不明 - 五島市
医療センターの問診票が運搬中に飛散 - 春日部市
小学校児童の緊急連絡先を紛失 - 大阪市