Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保険料の一部通知書が所在不明、郵便局の連絡で判明 - 島本町

大阪府島本町は、保険料仮算定決定通知書の一部が、所在不明になっていることを明らかにした。

同町によれば、国民健康保険料、後期高齢者医療保険料、介護保険料の2018年度仮算定決定通知書の一部が所在不明になっているもの。発送のため4月12日に郵便局へ引き渡したが、郵便局から受け取った郵便物の個数が異なると連絡があり、問題が判明した。

郵便局では、受け取った郵便物について区分けを終えていたことから、不足する259件の通知書について、対象者など調査できない状態のまま送付したという。

同町では、全被保険者の仮算定決定通知書を再発行し、書面で事情を説明、謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2018/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

貸付金の借受人や連帯保証人などの個人情報を紛失、4年前に発生 - 滋賀県
取引情報8.4万件含むATM記録紙を紛失 - 北おおさか信金
顧客リストを運搬中に紛失、一部未回収 - 大分瓦斯
患者や研修医など個人情報5.7万件が所在不明 - 大崎市民病院
児童名簿紛失を報告しなかった校長らに対し懲戒処分 - 千葉市
小学校で児童名簿を紛失、5カ月後の匿名通報で発覚 - 千葉市
決裁文書を紛失して虚偽報告、職員を処分 - 原子力規制委員会
印影など含む帳票を保存箱ごと紛失、誤廃棄か - JAちばみどり
大阪府で児童扶養手当の決裁文書紛失が判明、2017年に5月発生 - 本籍や病歴、マイナンバーも
非常勤講師が持ち帰った答案用紙を紛失 - 金沢星稜大