Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」

日本国内におけるMirai亜種感染機器からの通信が、3月に入って増加している。「akuma」の増加に起因するという。

インターネットイニシアティブのマルウェア活動観測プロジェクトが、ハニーポットにおける2月から3月のMirai亜種の観測状況を取りまとめたもの。

国内におけるMirai感染機器からのスキャン通信は、1月から2月にかけて減少していたが、3月に入ると一転して増加。通信の送信元アドレスを国別に見ると、他国は3月に減少しているが、日本だけが増加傾向を見せたという。

「satori」「masuta」「akuma」「mirai」の種類別に送信元アドレス数を見ると、「matuta」「mirai」は減少傾向にあるが、「akuma」が3月から増加。「akuma」は 「TCP 52869番ポート」に対して「Realtek SDK」の脆弱性を悪用して感染を広げており、国内からの通信増加の背景にあるという。

また同期間中に観測されたMirai亜種のうち、Android搭載のスマートフォンやスマートテレビをターゲットとする「ADB.miner」や、「TCP 52869番ポート」「TCP 8080番ポート」へのスキャンや感染試行を行う「Satori.Dasan」の活動が目立ったという。

(Security NEXT - 2018/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
ウェブ経由のマルウェア、「WordPress」改ざんサイトから多数検知
対GPONルータ攻撃を観測 - 同発信元から仮想通貨発掘ソフト狙うアクセスも
総務省、「Shodan」同等の調査システムを構築 - 国内IPアドレス6%が応答
Linux向けダウンローダーの約99%がコインマイナー感染狙い
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
Officeドキュメントベースのダウンローダーが前月比3.4倍に
悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位