Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪府で児童扶養手当の決裁文書紛失が判明、2017年に5月発生 - 本籍や病歴、マイナンバーも

年明け後の2018年1月になって、上司が事態を把握。あらためて職員に捜索を指示したが見つからず、3月20日から26日にかけて、対象となる申請者に謝罪した。

また同課においては、「特別児童扶養手当資格喪失届」1件の紛失が2月19日に判明している。

市町村より処理状況の問い合わせがあり、未処理となっていることに気が付いた。氏名や住所、電話番号にくわえ、手当証書番号、マイナンバー、口座情報など含まれており、同府では対象者に謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2018/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校で課題投函の移動中に名簿を紛失 - 西宮市
教員が個人情報紛失、名古屋市教委へ届き10カ月後に回収 - 大阪市
小学校で図書館利用データ含むHDDが所在不明 - 大阪市
複数小学校でアンケート結果や通知表などを誤配布 - 大阪市
学童保育所で個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 八千代市
保育園入園児の名簿などを誤配布 - 小諸市
小学校で児童情報を紛失、年賀状作成で持出 - 熊本市
特別支援学校で児童情報含む記録メディアを紛失 - 埼玉県
個人情報含む要支援者名簿が所在不明 - 那覇市
台風被害で小学校で指導要録が流出 - 大郷町