Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ルータ侵害による不正アプリ配布、Facebookの次は「Chrome」を偽装

ただし、今回の攻撃でメッセージが変更されたのは、従来の4カ国語のうち、英語と日本語のみ。日本語に関しては、言い回しから英語のメッセージを機械翻訳したものと見られる。

一方、中国語や韓国語については、メッセージが変更されておらず、「Facebook」の偽アプリを配布していた時と同じものであり、トレンドマイクロでは攻撃者が「日本」を意識していると指摘している。

またルータを侵害する手法は明らかになっていないが、特定機種を狙うのではなく、攻撃方法が明らかとなっている複数種類のルータを探索し、攻撃をしかけていると同社は分析。注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サービス終了した「Visionalist」のタグ、約800サイトに残存 - 一時水飲み場攻撃と同じスクリプトも配信
国内主要上場企業の約半数がDMARC導入 - 対象ドメインの12.1%
「BIND」の「DNS over HTTPS」に脆弱性 - DoS攻撃のおそれ
クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト
「BIND 9」に複数の脆弱性 - サービス拒否やキャッシュ汚染のおそれ
広島県にDDoS攻撃 - 県や市町のウェブ閲覧や防災メール配信に影響
Cisco製メールセキュリティ製品にDoS攻撃を受けるおそれ
12月のDDoS攻撃、件数微減となるも最大規模は拡大 - IIJ調査
11月のDDoS攻撃は前月から微増、2.7時間にわたる攻撃も - IIJ調査
「Log4Shell」の悪用、国内でも多数検知 - 国内で被害も