Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脅威や脆弱性情報の提供や対策立案を支援するサービス - CTC

伊藤忠テクノソリューションズは、サイバー攻撃における脅威や脆弱性の情報を提供し、対策立案などを支援する「脅威・脆弱性マネジメントサービス」を提供開始した。

同サービスは、脅威情報や脆弱性情報の収集、分析、具体的な対策の立案などを支援するサービス。脅威データベースより関連する情報をピックアップし、攻撃手法や被害の大きさ、脅威の成立条件などから、影響を及ぼす可能性のある情報を詳細に分析。分析結果を対策とともに報告する。

料金は月額80万円から。同社では3年間で30社への提供を目指すとしており、「保守・運用サービス」「インシデントハンドリング初動対応サービス」などとあわせて展開していく。

20180326_ct_001.jpg
サービスの提供イメージ(図:CTC)

(Security NEXT - 2018/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ
SOMPO HD、セキュリティ事業に参入 - 対策などワンストップで提供
DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
NTT Com、CSIRTの支援サービス - 脅威情報収集や分析をサポート
マクニカと凸版、IoT機器へのセキュアICチップ組込で協業
TED、Trap X Security製デコイソリューションを取り扱い開始
損ジャ日興、ネット炎上時の対応費用を補償する損害保険
Cylanceによるマルウェア検知と操作ログなどでインシデント原因を特定 - ラック