Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パロアルト、エンドポイントのプロファイル化で脅威検出するソリューション

パロアルトネットワークスは、エンドポイントにおける挙動をクラウド上で解析し、脅威を検出してファイアウォール上で遮断できる「Magnifier」を提供開始した。

同製品は、同社ファイアウォール上で利用できるアプリケーション。2017年2月に買収した「LightCyber」の技術をベースに開発した。「Application Framework」を通じ、サブスクリプションサービスとして展開する。

具体的には、同製品とあわせて提供するエンドポイント解析サービス「Pathfinder」によってログデータを収集し、ネットワークにおけるユーザーやデバイスの動作をプロファイル化。

プロファイルをもとにエンドポイント上の脅威と見られる挙動を検出し、クラウドサービス「WildFire」で解析した上で、脅威が見つかった場合はファイアウォールで遮断できるという。

(Security NEXT - 2018/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
パロアルト、AI活用でセキュリティ業務を簡素化するプラットフォーム
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
通信事業者向けにソリューション「TMCC」 - トレンド
「Windows Defender ATP」と「SOC」を連携させたMSS - NTTコム
Cylance製品向けの運用監視サービス - テクマトリックス
EDRを機能強化、マネージドサービス「MEDR」も - シマンテック
クラウドで「秘文」を提供 - 日立ソリューションズ
ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化