Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パロアルト、エンドポイントのプロファイル化で脅威検出するソリューション

パロアルトネットワークスは、エンドポイントにおける挙動をクラウド上で解析し、脅威を検出してファイアウォール上で遮断できる「Magnifier」を提供開始した。

同製品は、同社ファイアウォール上で利用できるアプリケーション。2017年2月に買収した「LightCyber」の技術をベースに開発した。「Application Framework」を通じ、サブスクリプションサービスとして展開する。

具体的には、同製品とあわせて提供するエンドポイント解析サービス「Pathfinder」によってログデータを収集し、ネットワークにおけるユーザーやデバイスの動作をプロファイル化。

プロファイルをもとにエンドポイント上の脅威と見られる挙動を検出し、クラウドサービス「WildFire」で解析した上で、脅威が見つかった場合はファイアウォールで遮断できるという。

(Security NEXT - 2018/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Cylance製品向けの運用監視サービス - テクマトリックス
EDRを機能強化、マネージドサービス「MEDR」も - シマンテック
クラウドで「秘文」を提供 - 日立ソリューションズ
ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
エンドポイント向け製品にEDR機能を追加 - ソフォス
メモリランダム化でエクスプロイトを防ぐ「Morphisec」を発売 - IWI
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神