Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公衆無線LANにおけるセキュリティのあり方をまとめた報告書 - 総務省

総務省は、公衆無線LANサービスにおけるセキュリティの現状や普及策などを取りまとめた報告書を公表した。

20180323_so_001.jpg
公衆無線LANセキュリティ分科会報告書

同報告書は、公衆無線LANセキュリティ分科会が取りまとめたもので、公衆無線LANにおけるセキュリティ対策のあり方と、セキュリティに配慮した公衆無線LANサービスの普及策について報告している。2月にパブリックコメントを実施し、提出された意見を踏まえて決定した。

同報告書では、セキュリティ上の脅威やセキュリティ対策の現状など、公衆無線LANを取り巻く現状について言及。その上で利用者が安全に公衆無線LANサービスを利用するために望ましい認証方式や暗号化方式について解説している。

またセキュリティに配慮した公衆無線LANサービスの普及策として、利用者やサービス提供者の意識向上、データ利活用のさまざまな取り組みと連携したセキュアな公衆無線LANサービスの提供などを挙げている。

(Security NEXT - 2018/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公衆Wi-Fiのセキュリティ学ぶ全8回のネット講座 - 総務省
公衆Wi-Fi利用者向けVPNサービスに固定IPオプション - ALSI
NEC製ルータ「Aterm」シリーズ2機種に複数脆弱性
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
iOS向けにアカウント流出や脆弱な無線LANをチェックできるアプリ - Avast
公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず
複数無線LAN製品に脆弱性「BLEEDINGBIT」 - TI製BLEチップに起因、医療機器にも影響か
Apple、アップデート「iOS 12.0.1」をリリース - バグや脆弱性を修正
TP-Link製のWi-Fiネットワーク管理ツールに複数脆弱性
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット