Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公衆無線LANにおけるセキュリティのあり方をまとめた報告書 - 総務省

総務省は、公衆無線LANサービスにおけるセキュリティの現状や普及策などを取りまとめた報告書を公表した。

20180323_so_001.jpg
公衆無線LANセキュリティ分科会報告書

同報告書は、公衆無線LANセキュリティ分科会が取りまとめたもので、公衆無線LANにおけるセキュリティ対策のあり方と、セキュリティに配慮した公衆無線LANサービスの普及策について報告している。2月にパブリックコメントを実施し、提出された意見を踏まえて決定した。

同報告書では、セキュリティ上の脅威やセキュリティ対策の現状など、公衆無線LANを取り巻く現状について言及。その上で利用者が安全に公衆無線LANサービスを利用するために望ましい認証方式や暗号化方式について解説している。

またセキュリティに配慮した公衆無線LANサービスの普及策として、利用者やサービス提供者の意識向上、データ利活用のさまざまな取り組みと連携したセキュアな公衆無線LANサービスの提供などを挙げている。

(Security NEXT - 2018/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NEC製の一部ルータにroot権限でコマンド実行されるおそれ
「Emotet」に近接「Wi-Fi」経由で感染を拡大する機能
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情セ大
総務省、東京オリパラまでに取り組むべきセキュ対策を緊急提言
「Cisco Aironet」シリーズに複数の脆弱性 - 設定変更やDoSのおそれ
D-Link製アクセスポイントに複数脆弱性 - コマンド実行のおそれ
クラウドセキュ市場、今後5年で2.4倍に
小中学生向けウェブ検定サービスの2019年度版 - カスペと静岡大
IoTセキュリティ対策の進捗状況と今後の課題を取りまとめ - 総務省
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定