Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇

米Symantecによると、マルウェア亜種の減少傾向が続いている。一方、1月に大幅な改善を見せたマルウェア感染を狙うメールの割合は、再び上昇に転じた。

同社が、2月におけるマルウェアや攻撃メールの観測状況を取りまとめたもの。同月に確認したあらたなマルウェアの亜種は4140万件。前月の4280万件を下回った。2017年4月の8100万件から減少傾向が続いている。

20180315_sy_001.jpg
マルウェア亜種の検出状況(グラフ:シマンテック)

マルウェアの感染を狙ったメールは、645件に1件の割合で送信されていた。前月は786件に1件と大幅な改善を見せたが、再び上昇に転じている。300件から400件に1件だった2017年半ばと比較するとまだ低い水準だが、今後の動向に注目される。

一方、同社が扱ったメールに占めるスパムの割合は55.1%。前月から0.2ポイント減少したが、「Necurs」ボットネットを利用したスパムキャンペーンが2回ほど観測されたという。フィッシングメールの割合は3331件に1件で、2836件に1件だった1月から改善した。

(Security NEXT - 2018/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
約2割の企業がサイバー犯罪被害 - 国内では知財被害目立つ
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
ビジネスパーソンの3割が「ランサムウェア」を認知 - 内容理解は1割強
6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加