Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - 悪用は未確認

Adobe Systemsは、2件の深刻な脆弱性に対処した「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートをリリースした。

20180314_as_001.jpg
影響を受ける「Flash Player」のバージョン(表:Adobe Systems)

今回のアップデートでは、解放後のメモリへアクセスするいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2018-4919」や、型の取り違いの脆弱性「CVE-2018-4920」を修正した。悪用された場合、リモートよりコードを実行され、システムの制御を奪われるおそれがある。

同社は、脆弱性の重要度を、いずれも3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」にレーティングした。悪用は確認されていないという。

同社では、これら脆弱性を最新版となる「同29.0.0.113」で修正した。「Linux版」を除き、ブラウザ同梱版を含めて適用優先度は3段階中2番目にあたる「2」とし、30日以内を目安にアップデートするよう推奨している。「Linux版」に関しては、任意のタイミングで更新を求める「3」とした。

(Security NEXT - 2018/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明