Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

受講者に則した演習環境を自動生成する「CYDERANGE」を開発 - NICT

情報通信研究機構(NICT)ナショナルサイバートレーニングセンターは、サイバー演習自動化システム「CYDERANGE」を発表した。

20180308_ni_001.jpg
「CYDERANGE」が稼働するサーバ(画像:NICT)

今回開発した「CYDERANGE」は、サイバー攻撃対策などの演習プログラムにおいて、シナリオや演習環境を自動的に構築できるシステム。「Experience API」に準拠している。

従来手作業でシナリオを用意し、演習環境を構築する必要があったが、同システムを利用することで受講者の業務領域やスキルに則した演習環境を自動的に生成。演習の効率化やコスト低減などを図れるとしている。

先に発表した2018年度のサイバー防御演習「CYDER」に投入し、金融機関、交通機関、医療機関、教育機関などに最適化したコースを用意するとしている。

また演習環境上では、パーソナルデータの取り扱いに配慮しつつ、データ収集エージェントによりキー入力やマウス操作、ウィンドウ操作など受講者の行動を収集。機械学習で分析し、学習効果の測定などに活用するとしており、2019年度移行に実用化を目指している。

(Security NEXT - 2018/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米Norwich大の演習プラットフォーム活用した演習サービス - アライドテレシス
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習サービスに「銀行版」 - カスペ
DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
サイバー大学、「AIテクノロジープログラム」を新設
日立、重要インフラ事業者向けにサイバー攻撃対応の訓練サービス - イスラエルCyberGymと提携
DNP、制御システムへのサイバー攻撃対策が学べるコースを新設
IPA、制御システム保有組織の橋渡し人材向けに短期演習プログラム
カスペ、ゲーム型のサイバー攻撃対策演習にオンライン版
「記者会見」の印象をAIで解析する産学連携プロジェクト - 謝罪会見など分析