Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー防御演習「CYDER」、2018年度は一般事業者も受講可能に

情報通信研究機構(NICT)ナショナルサイバートレーニングセンターは、サイバー防御演習「CYDER(CYber Defense Exercise with Recurrence)」を一般企業向けに提供する計画であることを明らかにした。重要インフラ事業者向けにも「CYDERANGE」を活用した演習を用意する。

20180307_ni_001.jpg
「CYDER」のイメージ(画像:NICT)

「CYDER」は、体験型のサイバー防御演習。組織の情報システム担当職員としてチーム単位で演習に参加。模擬環境でサイバー攻撃によるインシデントの検知、対応、報告、回復までの一連の流れについて実際に体験、学習できる。

従来、国や地方公共団体、重要インフラ事業者向けに提供している。2018年度からは、演習自動化システム「CYDERANGE」を活用し、金融機関、交通機関、医療機関、教育機関などに最適化したコースを用意。さらに重要インフラではない事業者に対しても演習を提供する。

全国47都道府県で合計100回を開催する予定で、3000人以上が受講することを目指す。募集は4月から同機構のサイトで実施する予定。事前の申込予約も受け付けている。

なお、2018年度より重要インフラ事業者、一般事業者の場合、一部実費として1人あたり8万6400円を負担する必要がある。

(Security NEXT - 2018/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

若手研究者の育成プログラム「SecHack365」、4月2日より応募受付を開始
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
重要インフラ13分野の横断的サイバー演習 - 2600人が参加予定
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
2018年度のセキュリティ関連予算概算要求額は727.5億円
日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に - テーマは「絆」
47都道府県で演習「CYDER」実施 - 自治体職員が標的型攻撃の検知から回復まで体験
総務省のサイバーコロッセオとSECCONがコラボ - 都内でCTF大会
「CTF for ビギナーズ 2016 FINAL」の受付開始 - 決勝大会ボランティア募集も
政府、重要インフラの分野横断的な演習を実施 - 約2000人が参加