Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

グローバルでは半数がデバイスPWをパートナー同士で把握 - 日本は2割弱

グローバルでは、半数強のユーザーがデバイスのパスワードを恋人やパートナー同士で把握していることがわかった。日本では17%と2割に届かなかったという。

Kaspersky Labが、1月に日本を含む世界18カ国の18歳以上の男女1万8000人を対象にオンラインで調査を実施したもの。日本からは1000人が回答した。日本では、パートナーとの関係においてプライバシーを重視する傾向が海外より強く見られたという。

同調査によると、「パートナーとの関係は自身のプライバシー以上に大切だ」と回答した割合は、日本において56%。70%だったグローバルの回答を大きく下回る。

デバイスにアクセスするためのパスワードやパスコードをパートナー同士で把握している割合は、グローバル全体で半数を超えたのに対し、日本では17%にとどまった。パートナーのデバイスに自分の指紋を登録していると答えたのは、グローバルでは25%で、日本は16%だった。

一方で全体の31%が「オンラインでパートナーの動向を追うことがよくある」と回答。共有したくないものを目にし、口論になったことがあるとの回答も33%にのぼっている。

(Security NEXT - 2018/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
「不正ログイン対策」や「家庭用IoT機器のセキュリティ」学ぶ動画
5分学習ツールに新コース - テーマはIPAの「情報セキュリティ5か条」
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多
不正ログインの被害相談、直近5カ月で104件 - IPAが対策呼びかけ
不正競争防止法改正案、データの不正取得や保護破りサービスも対象に
攻撃パケットは前年比約1.2倍、IoT狙う攻撃が高度化 - NICT調査
過去1年間に経験したネット犯罪被害、最多は「詐欺メール」
グローバルでは認証で「利便性」より「セキュリティ」を優先
2017年4Qの不正プログラム検出数は82万件 - 「CoinMiner」の報告も