Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

グローバルでは半数がデバイスPWをパートナー同士で把握 - 日本は2割弱

グローバルでは、半数強のユーザーがデバイスのパスワードを恋人やパートナー同士で把握していることがわかった。日本では17%と2割に届かなかったという。

Kaspersky Labが、1月に日本を含む世界18カ国の18歳以上の男女1万8000人を対象にオンラインで調査を実施したもの。日本からは1000人が回答した。日本では、パートナーとの関係においてプライバシーを重視する傾向が海外より強く見られたという。

同調査によると、「パートナーとの関係は自身のプライバシー以上に大切だ」と回答した割合は、日本において56%。70%だったグローバルの回答を大きく下回る。

デバイスにアクセスするためのパスワードやパスコードをパートナー同士で把握している割合は、グローバル全体で半数を超えたのに対し、日本では17%にとどまった。パートナーのデバイスに自分の指紋を登録していると答えたのは、グローバルでは25%で、日本は16%だった。

一方で全体の31%が「オンラインでパートナーの動向を追うことがよくある」と回答。共有したくないものを目にし、口論になったことがあるとの回答も33%にのぼっている。

(Security NEXT - 2018/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブルート、川柳コンテストの入賞作品を発表
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
「Mirai」感染狙うIoT機器狙った11種類のアクセス - 12月より増加
「SQL Server」の認証試行が10月より急増
脆弱IoT機器823件へあらたに注意喚起 - NOTICE
ログイン可能なIoT機器、半年でのべ505件に注意喚起 - NOTICE調査
2019年4Qのセキュリティ相談、7.6%増 - IPAまとめ
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず
フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」
ネットバンク不正送金の多発で金融庁が注意喚起