Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

物件所有者や入居者など顧客情報含む契約書類が所在不明に - 大和リビング

大和リビングは、顧客情報が記載された契約書類が、営業所内で所在不明になっていることを明らかにした。

同社によれば、関西地区の営業所において、一部契約書類が所在不明になっていることが、2017年11月に判明したもの。問題の書類には、物件所有者や入居者、法人代表者、仲介業者担当者など最大31人の氏名や住所などの個人情報が記載されていた。

同社では、管轄の国土交通省へ報告。対象となる顧客に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2018/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童の個人情報含むCD-ROMを紛失、判明は11月 - 大阪府
新薬の安全性定期報告書が所在不明 - 医薬品医療機器総合機構
顧客情報記載の予約伝票を紛失 - タワーレコード
印影など含む口座振替依頼書を紛失 - 高島屋京都店
所在不明だった受託USBメモリを回収して返却 - 印刷事業者
患者情報含むUSBメモリ3本が所在不明 - 大阪市大付属病院
2支店で納付書控え1.8万件が所在不明 - 鹿児島興業信組
教員採用試験の問題案含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
顧客情報含むUSBメモリを電車内に置き忘れ - 銀座十字屋
同人誌の原稿データ含むUSBメモリが所在不明 - 印刷事業者