Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特別支援学校で生徒の個人情報含む書類が所在不明 - 埼玉県

埼玉県は、県立特別支援学校において、生徒の個人情報が記載された一部書類が所在不明となっていることを明らかにした。

同県によれば、書類を綴じたファイルを2023年6月に職員室内で保管したが、4月1日に職員が確認したところ、ファイルが見当たらないことが判明した。

問題の書類は、保護者から提出を受けた2023年度の食物アレルギー対応リスト。食物アレルギーを持つ児童生徒24人分の氏名やアレルギー情報が記載されていた。

また2023年度の高等部2年生に関する疾患などの情報を記載した資料も所在がわからなくなっている。高等部2年生19人分の氏名や障害名、疾患などが含まれる。

職員で校内を探索するも発見できず、同校では対象となる生徒と保護者に報告と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2024/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新シリーズ「FortiGate 200G」を発表 - フォーティネット
活用進む「AI」、攻撃者側より対策側に多くの恩恵との声も
約3割が過去3年間にサイバー攻撃の被害経験 - ランサムは3.8%
サーバ運用監視ソフト「Cacti」にアップデート - 複数脆弱性を修正
「Chrome」に今月4件目のゼロデイ脆弱性 - 悪用を確認
「IBM Security Guardium」に複数脆弱性 - パッチの適用を
NetflixのOSS「Genie」に脆弱性 - アップデートを提供
ドコモメールになりすまし警告機能 - 「DMARC」未導入も対象
セミナー開催の案内メールで誤送信 - 川崎市産業振興財団
「Ivanti」の5製品に脆弱性 - 修正パッチがリリース